17:50 2019年12月08日

インドネシア沿岸地震の後に小規模の津波を観測

CC0 / Pixabay
アジア
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

大地震の後にインドネシア沿岸で最大1メートルの小規模の津波を専門家らが観測した。

インドネシアの気象気候地球物理庁を引用し「ジャカルタ・ポスト」紙が報じた。

地震発生から30分後に高さ60センチと90センチの津波がそれぞれテルナテとジャイロロといった都市周辺で確認された。また地震の約1時間後、高さ10センチメートルの津波がビツン市沿岸にも到着した。

14日、世界協定時間16時17分にインドネシア沿岸で発生した巨大地震の後に、津波の脅威が警告されていた。アメリカ地質調査所は地震の震度をM7.4と発表した。気象気候地球物理庁の情報によれば、地震の後に地域で専門家らは余震79回を観測し、その震度はM3.1から最大6.1であった。

当局は地震発生による影響について調査を続けている。

タグ
津波, インドネシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント