04:06 2019年12月10日
金正恩委員長【アーカイブ写真】

金正恩委員長、降下訓練を視察し、戦争準備能力の重要性を強調

© REUTERS / KCNA
アジア
短縮 URL
0 11
でフォローする

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は18日、航空・対空軍の演習を視察し、戦争準備能力を高める必要性を強調した。北朝鮮の朝鮮中央通信が報じた。

金委員長は、韓国と米国が北朝鮮を非核化交渉へ復帰させるために米韓合同の空軍演習の延期を決定した翌日、降下訓練を視察した。

金氏は演習に「大きな満足」を示し、「今回のように、演習や検証を予告なしに、実際の戦争をシミュレーションしたきびしい環境の中で、規則や形式に関係なく、これを朝鮮人民軍部隊の戦争準備能力、その検証と鍛錬に向けた準備態勢を高める機会として使用するために行う必要がある」と述べた。朝鮮中央通信が報じた。

エスパー米国防長官は17日、北朝鮮との関係構築プロセスを支えるため、今月末に予定していた米韓合同訓練を延期すると発表した。トランプ米大統領は金委員長に対し、非核化について「速やかに」合意するよう呼びかけ、両氏が「またすぐ会おう」ことを約束した。

関連ニュース

タグ
軍事, 軍事演習, 米国, 韓国, 北朝鮮, 金正恩
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント