05:06 2019年12月06日

韓国向け日本ビールの輸出ゼロに

© Flickr / Quinn Dombrowski
アジア
短縮 URL
0 42
でフォローする

日本の財務省が28日に発表した貿易統計の確報によると、韓国向け日本ビールの輸出が10月はゼロとなった。前年同月は数量で824万リットル、額にして約8億円の量を出荷していた。日韓関係の悪化を受け、日本製品の不買運動が影響したとみられる。朝日新聞が報じた。

日本のビールは韓国市場で一定の需要を誇り、2019年7月までの1年間では毎月3億円以上の商品が輸出されていた。しかし、日本政府が7月に韓国への輸出規制を厳格化したことに伴い、韓国国内では食料品店から日本メーカーの商品が撤去される動きが広がった。このため、ビールの輸出額は8月に約5千万円、9月は約60万円と急減が続いていた。

また、清酒の韓国向け輸出も約250万円となり、前年同月比で99%減となった。

一方、輸出規制が強化されたフッ化水素は前年同月比94%減の4063万円だった。輸出がゼロだった8月、372万円だった9月と比べてわずかに回復した。


2019年に入り、韓国がかつて軍国主義だった日本に対し様々な請求を行なっていることから、日韓関係は悪化している。それは第二次世界大戦時に関係したことであり、従軍慰安婦に対し「真摯に」謝罪し、元徴用工に賠償金を払えという韓国の要求によって状況は悪化してきた。一方の日本側は、安全保障上の貿易管理に関する国内運用の見直しにより、半導体材料の韓国に対する輸出規制を強化した。これらの材料は現代の電子製品の製造にとって大きな意味をもつ。

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 日韓関係, 韓国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント