15:50 2020年04月02日
アジア
短縮 URL
0 41
でフォローする

中国深圳市の南山地区人民裁判所は公開審理で世界で初めて遺伝子操作によって双子の女児を誕生させた遺伝子学者の賀建奎(フー・ジェンクイ)被告に懲役3年と300万元(およそ42万2500ドル)の罰金の支払いを言い渡した。中国中央電視台が報じた。

賀被告の違法に行った人間の胎児の遺伝子操作で合計3人の新生児が誕生した。この実験には被告の他にジャン・ジェンリ被告、ツィン・ジンジョウ被告の2人の研究者が関与している。

ジャン・ジェンリ被告に懲役2年と100万元(14万800ドル)が、ツィン被告には懲役1年6か月と50万元(7万400ドル)の罰金がそれぞれ科された。

2018年11月、賀建奎は学界で、遺伝子操作を行い、HIV(エイズウイルス)に耐性がある新生児を誕生させたことを発表し、世界中に大きなショックを呼んだ。賀建奎は研究者、中国政権の双方から激しい批判を浴びたものの、これを撥ねつけた。中国国家保健出産計画委員会は賀建奎の発表後、直ちにこの件の捜査を発案した。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント