15:06 2020年05月30日
アジア
短縮 URL
0 33
でフォローする

男性兵士として韓国軍に入隊後、性転換手術を受け、今度は女性兵士として服務継続を希望していた下士官に関して同軍は審査会を開き、この人物の除隊を決定した。

下士官の服務を続けたいという意思は強かった。また、韓国の軍人権センターは同軍初のトランスジェンダー下士官誕生を歓迎していた。同センターのイム・テフン所長は下士官が軍人としての道を歩めるよう、軍は服務を継続させるようにと発言していた。

​しかし、下士官と同センターの思いに反して、韓国陸軍は、軍人司法などの基準に基づき該当下士官の服務継続は不可と決定した。

​さらに米国では2019年、トランスジェンダーの入隊を制限する措置が施行された。米国防総省は、性別移行を終えたりホルモン投与を受けているトランスジェンダーの入隊を原則禁止した。

2017年、ドナルド・トランプ米大統領はツイッターでトランスジェンダーの入隊制限措置を発表した。この発表は人権団体からの大きな反発を呼び、差し止めを求める法廷闘争を引き起こしていた。

関連記事

タグ
スキャンダル, 軍事, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント