18:36 2020年04月06日
アジア
短縮 URL
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」における新型コロナウイルス (41)
0 01
でフォローする

新型コロナウイルスによる集団感染が確認されたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号で、新たに3人の感染が確認された。クルーズ船が横浜港沖に停泊して以降、感染した乗客と乗員の数は64人に達する。厚生労働省の発表をもとにNHKが報じた。

厚生労働省はクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の船内で、2月3日から乗客と乗員全員の合わせて3700人余りの検疫を行った。このうち発熱や咳などの症状があった人と濃厚接触した、合わせて279人から検体を採取してウイルス検査を実施してきた。

8日、新たに6人の結果が判明し、そのうち3人の感染が明らかになった。この3人はすでに医療機関に搬送され、入院した模様。

厚生労働省は残る3600人余りの乗客と乗員について、今後も引き続き船内にとどまり、原則として、2月5日からの14日間は客室待機を求めている。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中国では、肺炎による死者の数が722人に達したほか、3万4千人以上の感染が確認された。完治して退院した人の数は2,050人。新型コロナウイルスによる死者数は2003年に流行した新型肺炎「SARS」による中国での死者数(349人)をすでに上回っている。


スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

トピック
クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」における新型コロナウイルス (41)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント