19:33 2020年08月06日
アジア
短縮 URL
新型コロナウイルス (590)
0 0 0
でフォローする

韓国保健福祉省は29日(土)新型コロナウイルス感染者が昨日から813人増え、3150人になったと発表した。死者は4人増の17人となった。時事ドットコムニュースが伝えている。

韓国政府当局者は29日の記者会見で、感染拡大の中心地である南部・大邱市で感染者の増加が続くと指摘した。「自宅にとどまり、最大限、外出と移動を控えてほしい」と呼びかけた。

韓国の感染者は前日の28日に2000人を超えたばかり。約3万5千人が検査中で感染者はさらに増える見通し。大邱市の感染者は2200人以上、首都ソウルは77人、南部・釜山は80人に上る。

大邱市では新興宗教団体の施設で集団感染が起きており、韓国メディアによると29日、大邱市内の刑務所に勤務する看守1人の感染が確認されたと伝えている。


中国の新型コロナウイルス

当局は12月末、武漢市で原因不明の肺炎が発生したと発表した。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

最初の患者たちは海鮮市場に出入りしていた。専門家らは、暫定的に新型コロナウイルス2019-nCoVが疾患の原因と判断した。

WHO(世界保健機関)が新型肺炎に感染するリスクを軽減する方法を公開しています。

​​​スプートニクは新型コロナウイルスに関するその他の疑問と回答について別記事でご紹介している。こちらの記事およびこちらの記事をお読み下さい。

関連記事

トピック
新型コロナウイルス (590)
タグ
健康, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント