05:26 2020年07月03日
アジア
短縮 URL
0 20
でフォローする

韓国青瓦台(大統領府)は9日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が同日、未確認の飛翔体3発を日本海上に発射したことに関して「朝鮮半島での平和定着の努力に役立たない行為だ」と発表した。聯合ニュースが伝えた。

青瓦台は同日午前8時ごろ、北朝鮮のミサイル発射を受け、緊急会合を召集した。青瓦台は、北朝鮮が2月28日と3月2日に行った陸海空軍合同打撃訓練は、朝鮮半島での平和定着の努力に役立たないと改めて強調した。

韓国軍合同参謀本部は同日朝、「北朝鮮が東部の咸鏡南道宣徳付近から北東側の日本海に向け、未詳の飛翔体を3発発射した」と明らかにしていた。飛翔体の飛距離は最大約200キロ、高度は最高約50キロだったという。

北朝鮮は2日、長距離砲兵区分隊の火力打撃訓練場で演習を行った。また、28日、最高指導者金正恩氏は軍事演習を指揮し、その際に北朝鮮軍は「軍事力を間断なく増していくだろう」との確信を示したと報じられていた。

関連ニュース

北朝鮮のミサイルは日本に到達しない? 防衛省開発の電波妨害システムとは

タグ
韓国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント