12:15 2020年06月05日
アジア
短縮 URL
死んだのか病気なのか? 金正恩氏が「レーダー」から消えた (16)
0 53
でフォローする

英国のドミニク・ラーブ外務・連邦大臣は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働院長の死亡説に関してロンドンは確実な情報を持っていないと述べた。同じ内容の発言がロシア連邦議会国家院・北朝鮮議会相互協力調整員のカズベク・タイサエフ氏からもあった。

ラーブ大臣によると、金正恩氏が手術後の合併症により死去したとされる米国メディア報道は裏付けがとれていないという。一方で、ロンドンは今後も状況を見守っていくとした。

カズベク・タイサエフ調整員は、つい先日、新任の駐ロシア北朝鮮大使と会い、金正恩氏の健康悪化説については「何の裏付けも得られなかった」としている。

韓国友好協会のアレハンドロ・カオ・デ・ベノス会長も同様に、金正恩氏の死亡説を否定した。

金正恩氏の死亡説が流れる一方で、北朝鮮メディアは同氏の精力的な公務について伝えている

関連ニュース

トピック
死んだのか病気なのか? 金正恩氏が「レーダー」から消えた (16)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント