08:38 2020年12月06日
アジア
短縮 URL
0 11
でフォローする

ボクシングWBA王者のマニー・パッキャオ氏が、2022年のフィリピン大統領選挙に立候補する。著名なプロモーターであるボブ・アラム氏が発表した。

この間、41歳のパッキャオ氏が最後に試合を行ったのは2019年7月。

英紙「ザ・サン」は、「格闘家としてはじめて大統領になるのはパッキャオだ。パッキャオと電話で話をした際に、彼は私に、『ボブ、2022年の選挙に立候補するつもりだ。私が当選したら、あなたに就任式に出席してもらいたい』と話していたよ」とアラム氏のコメントを紹介した。

マニー・パッキャオ氏は2010年からフィリピンの自由党を代表し下院議員を務めた。2016年にはフィリピンの上院議員選挙で当選している。

マニー・パッキャオ氏は世界でもっとも稼いだアスリートの1人。同氏の対戦成績は71試合62勝。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント