02:53 2020年12月01日
アジア
短縮 URL
355
でフォローする

菅義偉官房長官は30日の記者会見で、中国の全人代(全国人民代表大会)常務委員会が香港への統制を強化する「香港国家安全維持法案」を可決したとの香港メディアの報道を受け、「報じられている通り可決されたのであれば、遺憾だ」と述べた。時事通信が報じている。

菅官房長官は、香港の一国二制度は「日本にとっても極めて重要」と強調。同法制定は「国際社会の一国二制度の原則に対する国際社会の信頼を損ねる」と語った。

6月30日、中国の全人代常務委員会は香港「国家安全法」を全会一致で可決した。

また今回の法案可決については台湾も批判している。台湾は、この法案可決により「一国二制度」原則は実現不可能であることが証明され、また返還後50年は香港の「高度な自治」や自由が維持されるとの約束を北京が破ったことを示している、とした。

関連記事

タグ
中国, 香港
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント