07:46 2020年10月22日
アジア
短縮 URL
0 72
でフォローする

米空軍のB-1B戦略爆撃機4機とB-2ステルス爆撃機2機の計6機が昨日17日に朝鮮半島南部に同時出動した。18日の米太平洋空軍司令部による発表を聯合ニュースが伝えた。

18日から始まった米韓合同軍事演習を控え、計6機の爆撃機の同時出動は異例のことであり、聯合ニュースによると、B-1Bのうち2機はテキサス州ダイス空軍基地、残る2機はグアム島のアンデルセン基地、B-2爆撃機2機はインド洋ディエゴガルシア基地から出動したという。今回の任務の目的について米空軍は、いつ、地球上のどこでも戦闘課題を実施できる可能性を示すことにあった、としている。

韓国の専門家は、今回の米国の行動は中国と北朝鮮に対する警告だと見ている。

関連ニュース

タグ
米国, 北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント