17:47 2020年09月29日
アジア
短縮 URL
筆者 :
0 11
でフォローする

中国の裁判所は、海航集団(HNAグループ)のCEOで億万長者の陳峰氏に、会社の負債を理由に大きな買い物や贅沢を禁じる判決を下した。米ニューヨーク・タイムズ紙が報じている。海航集団は観光や金融など幅広い事業を手掛けている。

主な禁止対象は、ファーストクラスでのフライト、高速鉄道での旅行、高級ホテルでの宿泊や高級リゾート地の利用など。

​さらに陳氏は不動産の購入や、自宅の修繕に多額を費やすことも禁じられている。この禁止令では、生活や仕事に必要のない経費は全て認められていない。サウス・チャイナ・モーニング・ポストによると、陳氏は大金を使うためには、特別な許可を取得しなければならない。

陳氏の支出を制限するきっかけとなったのは、HNA傘下オンライン金融プラットフォーム「聚宝匯」の投資家との裁判で出された命令に、HNAが違反したことにある。その判決によると、HNAはその投資家に10日以内に元本に利息を付けて支払うように命じていた。しかし、この裁判所命令に背いたことから、HNA は2020年9月までにその投資家に5万ドルを支払わなければならなくなった。

HNAは事業を積極的に拡大した結果、近年は苦境に立たされている。同社はこれまで借入を利用して様々な取引を行ってきた。

その結果、同社は数百ドルの負債を抱えることとなった。HNAは関連事業を売却し始め、中国当局が注視するようになった。

HNAは2020年、新型コロナウイルスのパンデミックによりさらに大きな打撃を受けている。同社は、中国第3位の航空会社である香港航空を傘下に置いている。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント