14:31 2020年10月30日
アジア
短縮 URL
0 27
でフォローする

シンガポールの科学技術研究庁は、顔認証が国の認証システムに含まれた場合、民間と公共の両方のサービスへの市民のアクセスがはるかに安全になるとしている。BBCが報じた。

顔認証に基づく新しい個人認証システムは、最初にシンガポールの銀行でテストされた。同システムにより、本人確認だけでなく、その人物が実際にその場所に物理的にいることを確認することも可能となった。

現在、シンガポール全土で顔認証システムが順調に導入されている。例えば、キオスク、国の税務課、銀行でのオンライン口座の開設などですでに使用されている。

新技術は、政府がシンガポール国民及び永住権保持者に提供するサービスにアクセスするためのパスワード「SingPass」に統合される計画。

顔認証を全国的な認証システムに加えることは、民間企業にとっても有益だ。民間企業は独自の認証基盤を構築する必要がなく、資金を節約できる。

先に、シンガポールの入国者を追跡するシステムについて報じられた。

タグ
シンガポール
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント