10:50 2021年02月28日
アジア
短縮 URL
0 03
でフォローする

1日、中国の商用運搬ロケットHyperbola-1の打上げが行われ、失敗におわった。新華社通信が報じた。

4段階式の運搬用ロケットHyperbola-1は、現地時刻で1日16時15分(日本時間17:15) 、甘粛省にある酒泉衛星発射センターから打ち上げられたが、発射後、不具合が発生し、ミッションの失敗が発表された。

​現在、事故原因の解明作業が行われている。Hyperbola-1 は民間企業「北京星际荣耀空间科技有限公司」(iSpace)の開発による運搬用ロケットで、現在、中国が保有する中では最大の積載量を誇る。

今回の打上げはHyperbola-1 にとっては2度目のトライ。初回は2019年7月に実施されており、科学調査用人工衛星2基の軌道投入に成功している。

関連ニュース

タグ
ロケット, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント