18:40 2021年03月08日
アジア
短縮 URL
0 21
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)当局が新型コロナウイルスに関連する情報を不正に収集する新たなハッキング組織を創設したとするニュースに続き、韓国のソウルのサイト「Daily NK」が、この組織の活動を金正恩委員長自身が指揮していると報じた。

同サイトへ情報を提供した高位の情報筋によれば、1月3日、北朝鮮当局は「Bureau 325」と呼ばれる新たなハッキング組織を創設したという。同組織は名目上は朝鮮人民軍総参謀部偵察局の指揮とされるが、事実上、金正恩委員長自身に従属している。

報道によれば、「Bureau 325」は、新型コロナウイルスの情報収集だけではなく、「大国」の科学やテクノロジー、金融といった分野の情報を不正に取得している。

サイト「Daily NK」の情報では、同組織は5つのグループで構成されており、内訳は、北朝鮮の2つの研究所と外国の3つの研究所だという。外国の研究所が実際に情報の不正収集を行ない、一方、北朝鮮の職員がハッキングデータを処理する。ハッキンググループは大手生化学研究所または製薬研究所を、また、主要な政府および諜報機関をターゲットにしている。

情報筋によれば、同グループは韓国当局の機関や研究所だけではなく、米国や中国の大規模施設なども標準に入れている。

この間、北朝鮮のレクチャーで、韓国と米国、日本は「人民の敵」だと名指されたことが報じられた。

関連ニュース

タグ
北朝鮮, 新型コロナウイルス, 金正恩
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント