00:12 2021年03月09日
アジア
短縮 URL
0 02
でフォローする

国家保衛省の代理がミッション遂行の過程で恫喝と説得という手法を用いている。また彼らは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に残っている家族に脱北者への帰国の説得を強制している。北朝鮮の情報筋がソウルのサイト「デイリーNK」に語った。

情報筋によれば、同代理は中国へ逃げた脱北者らを、彼らが帰国しないのであれば、彼らの家族は永遠に「祖国の裏切り者」として責めを負うことになると恫喝しているという。

また同代理は、彼らは中国の同僚らと緊密に協力しており、そのため「『北朝鮮に』彼らを帰国させることは容易いこと」と述べている。

脱北者らが帰国を受け入れた場合、同代理は、当局は逃亡を免除し、帰国の際に没収された財産を違反者らに返還すると約束している。

また、国家保衛省の代理は、現在、中国で内通者となった脱北者の援助も活用している。これらの内通者らは新しい逃亡者に呼びかけ、北朝鮮に一緒に帰国することを勧めている。

しかし、脱北者は、北朝鮮に帰国しようとした際に射殺された人たちのニュースを聞いているだけに、通常は決意が揺るぐことはない。

情報筋によれば、1月1日に朝鮮労働党の指導部は、脱走者を食い止めるよう指示を出し、『国境を越えよう』とする人を直ちに銃撃・射殺するように命じている。

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント