15:45 2021年07月31日
アジア
短縮 URL
0 01
でフォローする

情報筋によれば、女性が勤務している裁縫工場の寮の宿泊者らには外部の人間との面会は許されなかった。また、新型コロナウイルスのパンデミックのはじめから、中国企業の代表らは、北朝鮮の女性らが勤務している工場に入ることができなかった。そのため、工場の女性職員の妊娠のニュースは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)当局に衝撃を与えた。

情報筋がソウルのサイト「Daily NK」に伝えたところによれば、1月1日、北朝鮮との国境に近い中国の遼寧省丹東市の縫製工場の女性職員(20歳過ぎ)が妊娠していることが判明した。女性の同僚らはこのことを上司に伝え、その後、中国の北朝鮮領事館が調査を始めた。

調査の中でこの女性が売春を行なっていたことが判明した。また、北朝鮮お男性労働者の1人がその斡旋を行なっていた。この男は、工場の外れに彼女を連れ出し、中国の工場のマネージャーとの密会を設定していた。

男は同マネージャーから2000元(約3万2000円)を受け取り、女性は1000元(約1万6000円)をもらっていた。

これまでのところ、売春が女性の同意によるものなのか、また、強制だったのかは明らかになっていない。

情報筋によれば、売春の斡旋者は現在、自宅で拘留され、北朝鮮に帰される予定である。北朝鮮へ帰国した場合、彼は厳罰に処されることが予想される。

女性は仕事に戻ったが、彼女が今後どうなるかについては明らかではない。情報筋は、北朝鮮に帰国した際に彼女が罪を逃れるのは困難だと予想する。

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント