21:32 2021年03月03日
アジア
短縮 URL
0 21
でフォローする

ブリンケン米国務長官は11日、韓国の鄭義溶外相と電話会談し、ミャンマー情勢や朝鮮半島の非核化について協議した。米国務省の報道官が声明を発表した。

報道官は声明で「ブリンケン国務長官は、米韓日のさらなる協力の重要性を指摘、朝鮮半島の非核化の必要性を強調、ミャンマーの軍事クーデターについて懸念を表明、米国の同盟とパートナーシップ強化へのバイデン大統領(米国)のコミットメントを指摘した」と発表した。

ホワイトハウスのサキ報道官は1月22日の記者会見で、バイデン政権は新たな対北朝鮮戦略を準備し、北朝鮮の抑止などを含む政策を実施する方針だと述べた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント