21:29 2021年03月03日
アジア
短縮 URL
0 11
でフォローする

北朝鮮の金正恩総書記は内閣の仕事を批判し、経済部長は国家経済の救済に新たな発想を提案できなかったとして、これを更迭した。AP通信が北朝鮮のマスコミを引用して報じている。

金総書記が批判の矛先を向けているのは内閣の中でも経済を根幹を握る主要機関で、十分な役割を発揮できていないとして怒りを表している。

「内閣は主要な経済分野の計画を練るという主導的役割が発揮できず、大臣らが用意した数値をほぼ機械的にまとめただけだ。」AP通信が金総書記の発言を引用して報じた

金総書記は政府の計画が機能しておらず、「イノベーション的発想、明確な戦略」を示していないと批判し、農業生産の今年の目標は非現実的なほど高く設定され、逆に電力生産はあまりにも低すぎると指摘した。

朝鮮労働党中央員会経済部長は1月に任命されたばかりの金頭日(キム・ドゥイル)氏が更迭され、代わりに呉秀容(オスヨン)元副首相が選ばれた。

これに先立ち金総書記は朝鮮労働党の総会でも経済成長が成果を出していないとして、いくつかの党組織を厳しく批判していた。

 

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント