02:31 2021年03月07日
アジア
短縮 URL
0 31
でフォローする

北朝鮮は16日、故金正日総書記の誕生日「光明星節」を祝っている。祝賀コンサートが開かれ、メディアは金正恩朝鮮労働党総書記の父親である金正日氏の過去の業績に関する記事を掲載、外国からはお祝いの花輪が届いている。北朝鮮のマスコミが報じた。

北朝鮮の国営メディアは15日から金正日氏を称える記事を掲載している。朝鮮中央通信は「人民への愛と献身に貫かれた偉大な人生」という見出しで「指導者金正日同志は、人民のために一生を捧げた慈悲深い父親であった。 『人民を天のごとく見なす』が同氏の生涯の座右の銘であった」と報じた。

『人民を天のごとく見なす』という政策は、現在、金正恩氏の中心的な統治路線であり、1月に開催された朝鮮労働党第8回大会の党規約にも定められた。

© AFP 2021 / Kim Won Jin
北朝鮮、故金正日総書記の誕生日を祝う

韓国の聯合ニュースが同国の統一部(省)を引用して報じたところによると、北朝鮮は新型コロナウイルスのパンデミックの影響で「光明星節」に関する大規模な行事は行っていないという。

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント