17:31 2021年08月04日
アジア
短縮 URL
0 10
でフォローする

中国政府はテスラのライバルと呼ばれる自国の電気自動車メーカーXpeng Motors(小鵬汽車)に5億元(およそ84億円)を投じた。ニュース専門放送局CNBCが報じた。

メーカーによれば、この資金は「同社の迅速な事業発展」のために投入される。

Xpeng社は2021年1月、電気自動車のための自動走行の新機能を発表している。新機能によってEVフラッグシップセダン「P7」は、自動的な車線変更、加速または減速、追い越し、分岐が可能になる。

フラッグシップセダンはテスラ社のモデル3の大きなライバルと目されている。2020年1年間だけでXpeng 社は2万7千台の電気自動車を売り上げた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント