02:04 2021年07月29日
アジア
短縮 URL
0 53
でフォローする

中国外務省の趙立堅報道官は29日の会見で、米国のブリンケン国務長官が中国の武漢で実施された世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルスの起源に関する調査の報告書作成に中国が関与した可能性を指摘したことについて、米当局はWHOと報告書の執筆者らに圧力をかけようとしていると非難した。

報道官は「米国による際限のない非難とパンデミックとの闘いで中国を中傷しようとする試みは受け入れられない(中略)米国はこのような発言をすることでWHOの専門家グループに圧力をかけようとしている。それでは報告書のどの部分が中国政府によって書かれたのかお聞きしたい。まさか中国当局は共同研究のためのあらゆる環境を提供することで操作しようとしているとでもいうのだろうか?」と述べた。

また報道官は、米国はいつになったら新型コロナウイルスの起源調査で中国のように「オープンで透明に」なるのか、またいつになったら米国で調査を実施するために中国のようにWHOの専門家を招くことに関心を示すのかと問いかけた。

先にブリンケン国務長官はWHOの報告書について、中国当局が作成に関与した可能性を指摘し、懸念を示した。

AP通信が、WHOと中国の共同調査結果の草案を引用して報じたところによると、新型コロナウイルスはコウモリから別の動物を介して人間に感染した可能性が最も高く、研究所から流出した可能性は極めて低いという。

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント