17:52 2021年09月21日
アジア
短縮 URL
0 61
でフォローする

中国の警察は、大ヒットゲーム『オーバーウォッチ』や『コール・オブ・デューティ・モバイル』のチートツールを販売していたグループ「チキン・ドラムスティック」を逮捕した。この「世界最大規模」といわれるチートツールの販売業者の逮捕にあたって、中国の大手IT「テンセント」が警察に協力していたことが分かった。

チートツールは、対戦型ゲームの大きな問題の1つであり続けている。特に『カウンターストライク:グローバルオフェンシブ』、『ヴァロラント』、『エーペックスレジェンス』、『コール・オブ・デューティ』などのオンラインシューティングゲームの開発者とプレイヤーが最も直面している問題だ。

海外メディア「コタク」によると、「チキン・ドラムスティック」の名前で知られるグループは、自分たちのチートツールをサブスクリプション方式で販売し、約7600万ドル(約84億2100万円)を稼いでいたという。このサブスクリプションは1月10日からスタートし、多くの購入者が月に200ドル(約2万2200円)を支払っていた。この購入者の内訳には中国の他に「何百もの国や地域」が含まれていたという。

崑崙市の警察は、関係者10人を逮捕し、複数のスポーツカーを含む4600万ドル相当の資産を押収した。警察は同グループの犯行を、関与した金額やゲームの数から「世界最大」のチート行為であると発表している。

タグ
中国, 警察
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント