01:22 2021年05月17日
アジア
短縮 URL
0 01
でフォローする

中国人民銀行は、中国の人口が3200万人減少する可能性があるだけに、出世率の管理政策を断念するよう主張した。このことは、労働可能な年代の不足により中国経済が米国や他の欧州諸国に対する優位性を失うという状況を招くことになる。サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が報じた。

中国人民銀行のアナリストは、中国当局は子どもを望むカップルを妨げるようなことをしてはならないと指摘する。2016年から中国では子どもは2人までしか育てることができないことから、中国経済は高齢化と人口削減の悪影響に直面することになる。

同銀行の専門家は、「私たちは動揺してはならず、既存の人口政策の良からぬ結果を待ってはいけない。多くの国民はさらに子ども持つことを望んでいるが、『中国共産党の規制』からそれがかなわない今だからこそ、出産の自由が必要である」と強調した。

専門家によれば、この40年の急速な中国経済の発展は、15歳から64歳の労働年代が高齢世代を上回ったおかげで成し遂げることができたという。しかし、この傾向は今後10年のうちに変化する可能性がある。

関連ニュース

タグ
米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント