18:58 2021年05月17日
アジア
短縮 URL
0 20
でフォローする

中国が国内IT大企業に圧力をかけていることから、これらIT株価は更に下がる可能性がある。ブルームバーグが伝えている。

専門家によると、中国によるIT大企業への独占禁止に関わる干渉は今後さらに強まるという。ブルームバーグがまとめた

中国政府が国内ITメジャーの調査を行ったことにより、これらIT大企業の株価下落はすでに深刻化している。国内主要IT企業の株価を示すHang Seng Tech指数は、下落が始まった2月中旬に比べて約25%数字を下げている。

中国はこれより前、独占禁止法の調査の一貫としてアリババに史上最高額となる28億ドル(約3045億円)の罰金を科した。また他社に対しても、法・政府要件に準拠しているか検査期間として1か月を与えている。

関連ニュース

タグ
中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント