14:27 2021年09月25日
アジア
短縮 URL
0 31
でフォローする

北朝鮮は新型コロナウイルスワクチンを余分に持っている国もあれば、供給不足に苦しんでいる国もあると批判した。聯合ニュースが報じている。

聯合ニュースは、先月24日から開催されている第74 回世界保健総会で発表された北朝鮮の声明を引用した

ワクチンを入手することさえできない国々がある一方で、一部の国は必要以上にワクチンを購入し、蓄えている。こうした不公平な現実は、明らかにワクチンのナショナリズムを導いている。

北朝鮮政府は世界保健機関(WHO)に対し、世界でワクチンを公平に分配するよう支援を求めた。

北朝鮮はWHOのワクチン公平分配の国際的な枠組みである「COVAXファシリティ」を通じて約170万回相当分のワクチンを受け取る予定だったが、供給が遅れている。

北朝鮮は現在も、コロナウイルス感染者はいないものの、厳しい感染防止策を継続している。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
北朝鮮, 新型コロナウイルス, ワクチン, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント