23:16 2021年09月20日
アジア
短縮 URL
0 25
でフォローする

香港の高等法院(高裁)は30日、国家安全維持法(国安法)に定められた国家分裂扇動罪とテロ活動罪に問われた被告の男性(24)に、禁錮9年の実刑判決を言い渡した。国安法による初の有罪判決となった。30日、日本の各メディアが報じた。

実刑判決を受けたのは元飲食店従業員の唐英傑被告。唐被告は2020年7月、国内で参加したデモで「光復香港 時代革命(香港を取り戻せ、革命の時代だ)」とのスローガンが書かれた旗を掲げたほか、バイクで警察官の列に突っ込み負傷させた。

高等法院は27日、スローガンには「中国からの香港分離」を呼びかける意味があり、「意図的に扇動した」と判断。30日、唐被告に量刑を宣告した。国家分裂扇動罪で禁固6年半、テロ活動罪で禁固8年となり、一部の刑罰の同時執行が認められず、被告にはあわせて禁固9年の実刑判決が下された

香港では昨年6月に国安法が施行されて以来100人以上が逮捕されているが、実刑判決が言い渡されたのは今回が初となる。

関連記事

タグ
香港
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント