20:46 2021年09月20日
アジア
短縮 URL
0 47
でフォローする

中国は世界最大の温室効果ガス排出国であり、その量は年々増加している。これは地球規模の生態系に対して大きな脅威を与えている。中国が二酸化炭素排出量を削減するための大規模な対策を講じなければ、気候変動との闘いで勝利を得ることはできない。BBCが報じている。

BBCによると、中国の習近平国家主席は4月、中国は2030年までに二酸化炭素排出量をピークアウトさせ、2060年までにカーボンニュートラルを達成する方針だと述べた。一方、習氏は、この目標をどのような方法で達成するかについては具体的に述べなかった。

中国の1人当たりの二酸化炭素排出量は米国の約半分だ。しかし、14億人という膨大な人口と急速な経済成長により、中国はどの国よりもはるかに深刻な大気汚染を抱えている。

中国・北京市にある清華大学は、中国は2050年までに発電のための石炭の使用をやめ、原子力と再生可能エネルギーに置き換えるべきだと発表した。

ロイター通信によると、中国は現在、世界の温室効果ガス排出量の4分の1以上を占めている。

関連ニュース

タグ
気候変動, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント