03:45 2021年09月26日
アジア
短縮 URL
0 03
でフォローする

中国の清華大学の研究チームは、中国とインドの石油産業について、対策を講じなければ2050年までに数十億トンの二酸化炭素が大気中に放出されると警告した。ブルームバーグが報じた。

ブルームバーグによると、中国とインドの新たな石油コンビナートにろ過システムが装備されず、古い石油コンビナートが修理されなければ、石油産業は2050年までにさらに82億トンの二酸化炭素を生成することになる。

研究チームは、事業主に対し、よりクリーンな精製プロセスに投資するよう呼びかけており、そうしなければ地球温暖化を抑制し、2050年までにカーボンニュートラルを達成することができなくなると指摘している。

関連ニュース

タグ
インド, 中国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント