20:10 2021年09月17日
アジア
短縮 URL
0 21
でフォローする

国際原子力機関(IAEA)の年次報告書で、北朝鮮、寧辺にある大型核施設において核燃料を生産する原子炉が再稼働した事実が指摘された。スカイニュースが報告書を引用して報じている。

スカイニュースによれば、人工衛星から送られた映像データによれば、2021年7月初めの時点で施設から原子炉の冷却用の水の放出が確認されている。原子炉は核兵器製造の2つの鍵のうちのひとつであるプルトニウムを生産している。

IAEAの情報によれば、2月半ばから7月初旬までの間、寧辺の核施設の付近で放射線科学実験室が作業を開始した兆候が確認されている。

CNNの報道によれば、2021年初頭、元駐クウェート北朝鮮大使代理で韓国に脱北したリュー・ヒョン氏は、北朝鮮が核中立国となる可能性に疑問を呈していた。 

リュー氏は北朝鮮の指導者が核兵器を放棄することはないとの考えを示し、「北朝鮮の核兵器は体制の安定に直結する問題だ」と指摘していた。

関連ニュース

タグ
IAEA, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント