04:05 2021年09月26日
アジア
短縮 URL
0 81
でフォローする

北朝鮮は中国から供給されたコロナウイルスのワクチン「シノバック」300万回分の受け取りを退け、ワクチンを「より感染の進んだ」諸国へ回すよう呼び掛けた。ウォールストリートジャーナルが報じた。

ウォールストリートジャーナルの報道によれば、北朝鮮には新型ウイルスのワクチンの公平な分配を目指す国際的な取り組み「COVAX」の枠組みで、過去数週間に中国のシノバック・バイオテック(科興控股生物化学)開発の新型コロナウイルスワクチンが供給されていた。

ウォールストリートジャーナルによれば、北朝鮮の保健省は他国での感染状況を理由にワクチンの受け取りを拒否している。

北朝鮮は未だに国内でコロナウイルスの感染が確認されたとは発表していない。一方で北朝鮮は感染拡大を経験した中国と大きな結びつきがあることから、西側の専門家らは北朝鮮に感染者がでていないことには懐疑的な視線を向けている。

関連ニュース

タグ
北朝鮮, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント