15:06 2021年09月23日
アジア
短縮 URL
0 03
でフォローする

韓国が潜水艦用の弾道ミサイル(SLBM)の実験に成功し、文在寅大統領が列席した。大統領府を引用して聯合ニュースが報じた。

実験は韓国国防開発庁の総合試験場で実施された。報道によれば、実験には大統領の他、政府と軍の主要な面々が出席したという。

大統領府は、「SLBMの保有は、最前線での脅威の戦略的抑止という点で非常に重要であり、将来的には朝鮮半島の平和を確立し、独立した国防を構築する上で大きな役割を果たすことになる」と述べた。

聯合ニュースは、SLBMは製造が困難なため、保有しているのは米国やロシア、中国、英国、フランス、インドだけだと報じた。報道によれば、韓国は独自のミサイル製造が可能となった世界で7番目の国になった。

韓国軍合同参謀本部は15日、北朝鮮が発射した弾道ミサイル2発について、飛行距離は約800キロ、高度は約60キロだったと発表した

関連ニュース

タグ
韓国, ミサイル, 潜水艦, 文在寅
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント