10:20 2021年10月18日
アジア
短縮 URL
0 27
でフォローする

マレーシア当局は国家公務員全員に対して2021年11月1日まで新型コロナウイルスの接種を完全に終了するよう義務付け、これが行われない場合、懲戒処分に処すと発表した。ニュー・ストレーツ・タイムズ紙の電子版が報じた。

同紙によれば、マレーシアでは公務員の98%以上がコロナウイルスのワクチンの2回接種を終了している。

国家公務員のワクチン接種義務化の決定は同国政府のCOVID-19パンデミックによる危機後の国家復興計画に基づいて採択された。

マレーシアではパンデミック時に人口3195万人中223万2960人が感染し、そのうち203万7099人が回復し、2万6143人が死亡している。

関連ニュース

タグ
マレーシア, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント