01:08 2021年10月19日
アジア
短縮 URL
0 10
でフォローする

タイの警察は2021年の初めから9月末までの9ヶ月間に、同国で禁止のストリートレースに参加に若者やティーンエイジャーが使用していたバイクやモペット32万973台を押収した。タイ国家警察のダムロンサク・キチプラプハト副長官が発表した。

ワインで走るレーシングカー
© Sputnik / Vitaliy Timkiv
オンラインポータル「ネイション」がキチプラプハト副長官の声明を引用して報じたところによれば、「ストリートレースに参加していたとして3000人以上が道路交通法違反で起訴され、ストリートレース用にバイクを違法改造したとして1万か所以上のバイク工房が告発されている」

また子どもを違法なストリートレースに参加、観戦させたりしたとして、児童保護法に基づいて4万人以上の親が起訴された。

2021年、タイ警察はストリートレースを取り締まるために現金基金を設立し、レースの開催の予定や実施を通報した市民に3000バーツ(約100ドル)の報奨金を支払い、情報の収集を行っている。

関連ニュース

タグ
タイ, 警察
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント