22:26 2018年01月16日
東京+ 8°C
モスクワ-8°C

    アジア

    • 米日韓軍事訓練
      アップデート: 2017年12月28日 13:30
      2017年12月28日 13:30

      米 朝鮮半島周辺の演習に関する発表は今後慎重に=メディア

      米政府は今後、朝鮮半島周辺で同盟国と実施する合同軍事演習に関する発表や協議について可能な限り控えていく意向。同地域の情勢悪化と自国外交への悪影響を避けるためとしている。27日、CNNテレビが報じた。

    • 中国船が北朝鮮に石油密輸か 制裁決議違反の疑い=韓国紙
      アップデート: 2017年12月28日 13:03
      2017年12月28日 13:03

      中国船が北朝鮮に石油密輸か 制裁決議違反の疑い=韓国紙

      中国船が朝鮮民主主義人民共和国の船に公海上で石油を供給していると指摘されている。韓国紙「朝鮮日報」が米国の人工衛星資料を引用して伝えた。

    • 露米外相、北朝鮮を「核保有国と認めない」
      アップデート: 2017年12月28日 10:36
      2017年12月28日 10:36

      露米外相、北朝鮮を「核保有国と認めない」

      米国のティラーソン国務長官とロシアのラブロフ外相は電話会談を行い、朝鮮民主主義人民共和国を核保有国として認めないとの考えで合意した。米国務省が27日、明らかにした。共同通信が伝えた。

    • 慰安婦合意で「微動だにせず」 日本政府、実施要求
      アップデート: 2017年12月28日 07:29
      2017年12月28日 07:29

      慰安婦合意で「微動だにせず」 日本政府、実施要求

      日本政府は27日、従軍慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意を巡り、元慰安婦の意見集約が不十分だったと結論付けた韓国政府作業部会の検証結果を受け、警戒を強めた。河野太郎外相は談話を発表し、合意の変更は「断じて受け入れられない」と表明。韓国に合意の着実な実施を求めた。日本政府関係者は「日本の立場は微動だにしない」と強調した。

    • 日本と中国の旗
      アップデート: 2017年12月28日 06:50
      2017年12月28日 06:50

      二階氏、習主席と28日に会談 首脳の相互往来要請へ

      【北京共同】中国を訪問中の自民党の二階俊博幹事長が28日に北京市で、習近平国家主席と面会する日程が固まった。日中関係筋が27日、明らかにした。来年の日中平和友好条約締結40周年をにらみ、安倍晋三首相と習氏による相互往来の実現を要請する方針だ。

    • 中国からの観光
      アップデート: 2017年12月27日 23:44
      2017年12月27日 23:44

      中国人観光客に人気の新年の旅行先は日本とタイ

      アリババ・グループが運営する旅行専用プラットフォーム「Fliggy」によると、中国人観光客に人気の旧正月の旅行先は、今もタイ、日本、モルディブと変わっていない。

    • トランプ大統領の髪形をした巨大な犬の人形
      アップデート: 2017年12月27日 21:27
      2017年12月27日 21:27

      中国のスーパーマーケットにトランプ大統領の髪形をした巨大な犬の人形が設置される【動画・写真】

      中国・太原市のショッピングモールの前に、来年2018年の干支である戌(いぬ)年にちなんで、巨大な犬の人形が設置された。この犬は、ドナルド・トランプ米大統領をイメージしたことがすぐにわかる髪形をし、眉毛もそっくりにつくられている。People`s Daily Chinaが伝えた。

    • 慰安婦合意 韓国、報告書を発表
      アップデート: 2017年12月27日 17:59
      2017年12月27日 17:59

      慰安婦合意 韓国、報告書を発表

      従軍慰安婦問題を巡る韓国政府の作業部会は27日、2015年の日韓合意を検証した報告書を発表し、支援団体に対する韓国政府の説得などを含む合意の「非公開部分」があったと明らかにした。共同通信が伝えた。

    • 北朝鮮 核実験場近くの住民、放射線被曝か
      アップデート: 2017年12月27日 14:36
      2017年12月27日 14:36

      北朝鮮 核実験場近くの住民、放射線被曝か

      韓国の医師らが、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)北東部の豊渓里核実験場付近に住んでいた一連の脱北者に、身体への放射線による影響の兆候を発見した。27日、韓国統一省報道官が記者会見で発表した。

    • 米国、北朝鮮高官2人に制裁 「ミサイル開発を監督している」
      アップデート: 2017年12月27日 08:35
      2017年12月27日 08:35

      米国、北朝鮮高官2人に制裁 「ミサイル開発を主導」

      米財務省は26日、独自制裁の対象として、朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮労働党軍需工業部の金正植副部長と李炳哲第1副部長を加えたと明らかにした。共同通信が伝えた。

    • 安倍首相
      アップデート: 2017年12月27日 07:30
      2017年12月27日 07:30

      日中韓首脳会談、来春開催目指す 政府調整、15年以来

      安倍政権幹部は26日、日本が議長国を務める日中韓首脳会談の開催時期に関し、来春を目指して調整を進めていることを明らかにした。実現すれば、2015年11月にソウルで開催されて以来。中国の李克強首相と韓国の文在寅大統領は初来日となる。

    • 北朝鮮で金正恩氏の祖母生誕100周年を祝賀
      アップデート: 2017年12月26日 23:30
      2017年12月26日 23:30

      北朝鮮で金正恩氏の祖母生誕100周年を祝賀【写真】

      北朝鮮の女性が注目の的になることは滅多にないが、「偉大な革命の母」金正淑(キム・ジョンスク)氏の生誕100周年は盛大に祝われた。

    • 北朝鮮
      アップデート: 2017年12月26日 22:35
      2017年12月26日 22:35

      北朝鮮はミサイル・核計画を続行するが、その成果をデモンストレーションすることはない-2018年の予測

      ロシア国際問題評議会(RIAC)は、2018年に北朝鮮は自国のミサイル・核計画で新たな成果を達成することができるが、新たな圧力を避けるために、これらの成果をデモンストレーションするのは控えるだろうとの予測を発表した。

    • 中国と米国の旗
      アップデート: 2017年12月26日 20:50
      2017年12月26日 20:50

      中国軍事筋、北朝鮮に関する米国との「ホットライン」開設に関する報道を否定

      中国軍事筋は、中国軍と米軍が北朝鮮に関する「ホットライン」の設置で合意したとするマスコミ報道を否定した。中国紙Global Timesが報じた。

    • 光明星4号【資料写真】
      アップデート: 2017年12月26日 15:52
      2017年12月26日 15:52

      北朝鮮、新偵察衛星打ち上げ準備

      朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が新たな人工衛星を製造し、近いうちにその打ち上げを実施する可能性があると、韓国紙「中央日報」が情報機関筋の話として26日伝えた。

    • 北朝鮮、来年に対米交渉か?韓国政府、分析発表
      アップデート: 2017年12月26日 12:30
      2017年12月26日 12:30

      北朝鮮、来年に対米交渉か?韓国政府、分析発表

      韓国統一部は26日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の2017年の情勢と18年の見通しの分析を発表した。聯合ニュースが伝えた。

    • 日中首脳往来働き掛け 自公幹事長、中国要人に
      アップデート: 2017年12月26日 06:33
      2017年12月26日 06:33

      日中首脳往来働き掛け 自公幹事長、中国要人に

      【武夷山共同】中国を訪問中の自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は25日夜、福建省・武夷山のホテルで中国共産党の宋濤中央対外連絡部長と夕食会を開いた。来年の日中平和友好条約締結40周年をにらみ、安倍晋三首相と習近平国家主席との相互往来の実現に向け、地ならしをしたい考えだ。

    • ラブロフ外相
      アップデート: 2017年12月26日 01:45
      2017年12月26日 01:45

      ロシア外相 北朝鮮に対する米国の立場の矛盾を指摘

      ロシアのラブロフ外相はリア・ノーヴォスチのインタビューで、米国の指導者は朝鮮民主主義人民共和国に核・ミサイル開発計画を断念するよう求めているが、将来における同国のいかなる安全も保証していないと指摘した。

    • 北朝鮮
      アップデート: 2017年12月25日 23:48
      2017年12月25日 23:48

      朝鮮半島危機 今年のまとめ

      筆者 ドミトリー ヴェルホトゥロフ

      2017年は朝鮮半島とその諸隣国で、最も緊張状態が強まり、軍事衝突の方向に進んだ年となった。11月に大陸間弾道ミサイル「火星15」を発射し、北朝鮮は戦略兵器の進歩を見せつけた。発射を受け、米国はより矛盾した声明を出し、日本は北朝鮮の脅威への対決姿勢を軍事介入に至るまで強め、韓国はどうやら困惑しているようだ。北朝鮮に対する各国の対応はどう変わったか?2017年、危機からの脱出への道筋はどのようなものが提案されたか?スプートニクは今年の情勢を振り返る。

      2017年の話題を総括
    • 韓国、慰安婦問題の解決を平昌五輪後に先送り
      アップデート: 2017年12月25日 21:17
      2017年12月25日 21:17

      韓国、慰安婦問題の解決を平昌五輪後に先送り

      韓国政府は元慰安婦の生存者32人全員に話をきく方針を固めた。「慰安婦に関する韓日合意検討作業班」の最終報告書を27日に公開した後、外務省の職員は元慰安婦の元を毎日訪れ、作業の成果を報告し、元慰安婦の意見を聞いていく。現行の合意の効力を残すかいなかの最終決定は、こうしたコンサルティングの結果を踏まえて出される。