15:01 2018年08月22日
Corner Café&Kitchen

モスクワにある心地良い店:うまい餃子、そして色々

© ブロガーからの写真
短縮 URL
0 110

愛する読者のみなさん、スプートニク通信サイト係の桑原サーシャです。よろしくお願いします。桑原っていうのは本名ではないですよ。古語の「くわばら、くわばら」っていう科白が好きなので職場の日本人スタッフにつけられたニックネームです。

日本はまだまだ暖かいですね。モスクワは、もう最悪!めちゃくちゃ寒くなって、たまに雪も降っているし、ホンマの冬がキター。寒い冬の夜は何が一番したい、人間は?さすが:暖かい場所でリラックスして、心温まる雰囲気で過ごしたいんですね。あたしも、先日、少し時間を作って、日本人の友達の店に来ました。

Corner Café&Kitchen
Sputnik 日本 / Alexandra Alyushina
Corner Café&Kitchen
店の名前はCorner Café&Kitchenで、アルバート通り(有名な観光スポット)の近くにあります。一番近い駅がスモレーンスカヤ駅です。Lotte Plazaと言うホテルの直ぐ近くです。

最初入ると、アレ!?、このレストラン、本当に日本人がシェフですか? 店の雰囲気はフランス風っぽく、全然日本料理のレストランには見えないです。音楽も、古いフランス曲とか、ジャズ…。

最初からお話した方が良いですね。店のシェフの小林さんは、15年間、フランスでシェフとして働いていました。ですので、Corner Café&Kitchenも、シェフのそのままのイメージもフランスのたしなみに溢れています。もちろん、多分、それは全部あたしだけの個人的なインプレッションであるかもしれないです。

とにかく、餃子を食べに行きましたよね。残念ながら、ロシア人は餃子をまったく作りません。それに似た料理がありますが、ちょっとイタリアのラビオリがほとんどです。モスクワで、美味しい餃子を食べれるのは、日本料理の店でしかできないです。

餃子
© ブロガーからの写真
餃子
Corner Café&Kitchenで餃子は二種類あります。お肉野菜の中身の餃子、そうしてエビの中身の餃子。お肉野菜のを頼んで、待ちながら、回りを見てました。

ビックリしました。ロシア。モスクワの平日。あまり観光シーゾンでもないですけど、なんでその店に日本人のお客さんがこんなに多いんだろう。

モスクワ中心なので、多分、この辺りで働いておられる方たちだと思います。

餃子が来て、いっぱい食べました。久しぶりに、日本の味を楽しんで、とっても嬉しかった。日本で留学してたことも少し思い出しました。

もちろん、Corner Café&Kitchenは餃子だけではなく、色々な日本料理があります。から揚げ、ラーメン、豚のしょうが焼き、フォーボースープ、トムヤム・スープなどのアジア料理。

Corner Café&Kitchen
© ブロガーからの写真
Corner Café&Kitchen
珍しいけど、ロシア料理も並びます。特に、ランチ・セット、すごい代表的なロシア料理-オリビエサラダなど。ロシア人がたくさんオーダーすると小林さんに言われました。

ロシア料理もありますよ!
© ブロガーからの写真
ロシア料理もありますよ!
そうして、デザート。それは別の話になります。小林さんもともと、フランスでパティシエでした。

マフィン
© ブロガーからの写真
マフィン
店にはチョコレートケーキ、抹茶テイラミス、ロシアの野生のベリー入りマフイン、メレンゲなどなど、小林さんのオリジナル・デザートもあります。見た目も綺麗ですし、チョコレートケーキ、マフインはとっても美味しい。ほかのデザートはまだまだ食べたことないです(笑)。

デザート
© ブロガーからの写真
デザート
小林さんと初めて会ったのは、丁度半年前です。ロシアについて、色々話してくれました。ロシアの教会や、景色が好きだそうです。ロシア人が優しいとも言われました。ロシアの生活がフランス、または日本に比べれば、ゆっくりだそうです。

「モスクワの生活のリズムがゆっくりなのが好きです。自由なところを自分自身で楽しんでいることがいい」と言われてとっても嬉しかったのです。

Corner Café&Kitchen
© ブロガーからの写真
Corner Café&Kitchen
アレクサンドラ・アリューシナ(桑原サーシャ)

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント