15:50 2017年09月24日
東京+ 25°C
モスクワ+ 4°C
    ロシア革命

    『ロシア革命一〇〇年の教訓』(2)

    © Sputnik/ Georgi Zelma
    短縮 URL
    塩原俊彦
    筆者 塩原 俊彦
    0 30501

    今回は「序章 ロシア革命の虚妄」の第一節をご紹介しよう。

    序章 ロシア革命の虚妄


    1 ロシア革命ってなに

    知る人ぞ知ることがある。それは、作曲家ドミトリー・ショスタコーヴィッチも映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインもともに、一九〇五年一月九日の血の日曜日事件と一九一七年の革命(二月革命と十月革命)がセットになったものとしてロシア革命を理解しているということだ。前者をきっかに、「ドゥーマ」と呼ばれる議会が開設されることになり、これを第一次ロシア革命とみなす見方がある(「はじめに」で紹介した『国内史に関する新学習教材の概念』では、一九〇五~一九〇七年が第一次ロシア革命とされている)。後者によって、最終的に社会主義政権が樹立されたことから、こちらを第二次ロシア革命と位置づけることも可能だ。

    いずれにしても、二つの出来事が「革命」と呼ばれるほどに重大な意味をもっていたことがこの二人の芸術家によって暗示されている。

    ショスタコーヴィッチは一九五七年、交響曲第一一番「一九〇五年」を作曲、第二楽章「一月九日」で、ロマノフ皇帝の居住するペテルブルク宮殿前の広場で無防備の民衆に軍隊が発砲し、大勢を虐殺する状況を描き出した。彼は、革命一〇周年の一九二七年に交響曲第二番「十月に捧ぐ」を作曲し、さらに、一九六一年に交響曲第一二番「一九一七年」も発表した。

    一方、エイゼンシュテインは一九〇五年の血の日曜日事件の二〇周年に合わせて、映画「戦艦ポチョムキン」をつくった。サイレント映画であったが、彼の没後、一九七六年に再構成された版が楽曲入りでつくられ、ショスタコーヴィッチの楽曲が多数挿入された。とくに、黒海の戦艦ポチョムキンで起きた水兵らの蜂起で、結局、それを手中に収めた水兵らがオデッサ港に入港する。反乱で死んだ水兵を悼むオデッサの人々が階段で虐殺される光景(乳母車が階段を転げ落ちていくシーンなど)を、彼らに向けて発砲するためにコサック兵がその階段を軍靴を響かせて行進する姿とともに映した場面が有名だ。そこでショスタコーヴィッチの交響曲第一一番第二楽章が実に効果的に使われている。

    加えて、エイゼンシュテインも映画「十月」を一九二七年に発表している。したがって、エイゼンシュテインもまた一九〇五年と一九一七年の革命をともに映画にしたことになる。スターリンは映画「十月」に「トロツキーをシーンを見せてはならん」と、エイゼンシュテインに厳命し、それに従ったことが知られている。

    もちろん、二人の芸術家が一九〇五年と一九一七年の出来事を重視した背景には、ときの政権側の意向が強く反映していたことが考えられる。いずれにしても、本当は一九一七年の革命だけを注目しても、ロシアの革命の本質は理解できないことを肝に銘ずるべきだろう。

    逆に、ロシア革命が起きてから、三つの熱狂期間を区分できるとして、革命を長期間にわたって考察対象にすべきだとの見方もある。歴史家シェイラ・フィッツパトリックは、一九一七年の革命と内戦が第一期間、スターリン(ヨシフ・ジュガシヴィリ)が主導した第一次五カ年計画が第二期間、そして大粛清が第三期間であるとの見解を示している(Fitzpatrick, 1985, p. 149)。

    一九一七年の二つの革命

    別の問題もある。一九一七年には、二月革命(ロシアでは、革命前までグレゴリウス暦よりも一三日遅いユリウス暦が使われていたため二月革命と呼ばれているが、グレゴリウス暦では三月革命)と十月革命(同十一革命)と呼ばれる二つの革命が起きたのであり、この二つの革命をどう関連づけるかによってロシア革命の意味づけも異なってくる。

    ごく一般的な理解としては、二月革命は一六一三年以降、三〇〇年以上におよぶロマノフ王朝を武力によって覆した革命の前半に部分である。二月二十三日、ペトログラード(サンクトペテルブルク)の労働者街であるヴィボルグ区の繊維工場で働く女性たちのパン不足を抗議するデモがひょんなことから拡大し、二五日にはゼネストに発展、二六日には戒厳態勢が敷かれるに至る。この日、警察と軍隊による発砲があり、二七日には、さまざまな革命政党などに属す革命家によって労働者代表ソヴィエト臨時執行委員会が発足した(相談や助言を意味する「ソヴィエト」が「相談し助言し合う寄り合い」に転じ、一種の合議体や自治組織を意味するようになったのだが、詳しくは後述する)。

    十月革命は二月革命以降の混乱、つまり臨時政府と労働者・兵士を中心とするソヴィエト勢力との権力闘争において後者が勝利したのである。わずか数週間で、何百ものソヴィエトや何千もの工場委員会や地区委員会、「赤衛隊」と呼ばれる民兵、農民委員会、コサック兵委員会、主婦委員会が誕生し、こうした勢力が十月革命の成功を支えることになったのである(ニコラ・ヴェルト著『ロシア革命』)。ただし、ソヴィエトの権力は内戦の圧力のもとで党官僚機構の手に渡り、党の細胞がソヴィエト内につくられ、ソヴィエト内部から掘り崩されるかたちで表看板だけの存在になってしまう(Arendt, 1951=2014, pp. 27-28)。

    この一九一七年秋のレーニンの革命の成功は、①農民による土地占拠、②戦争の収拾、③都市部でのボリシェヴィキ(一八九八年に結成されたロシア社会民主労働党内において、一九〇三年時点で多数派だったレーニンら共産派が自派をこう呼んだことに由来)の権利掌握の三つの組み合わせによるところが大きい(Neumann, 1942=1998, p. 21)。ただし、この成功の裏には、ロシアを第一世界大戦から離脱させてドイツを有利にしようとしていたドイツ参謀本部の策謀があり、レーニンらを一九一七年四月にスイスからロシアへと送り込む資金援助などもドイツが担っていた事実を忘れてはならない(Sutton, 2001, p. 25)。そればかりか、ロシア革命後もボリシェヴィキがドイツから資金をもらいつづけていたことが、ドイツの秘密種類保管所の文書公開でわかっている(Radzinsky, 1996=1996, 上, p. 152)。

    他方で、革命は既存権力の打破だけに終始するわけではなく、新しい「はじまり」でなければならない。ここではまず、ロシア革命の「革命」の部分について議論を展開してみよう。

    十月革命
    © Sputnik/ Pavel Balabanov
    そもそも革命とは

    そもそも「革命」という言い方が気にかかる。この問題に真正面から取り組んだハンナ・アーレントの著作を参考にしながら革命について少し掘り下げてみたい。ここでは、松木智治の「ハンナ・アーレントにおける「はじまり」の概念(2)」という論文を補助線にアーレントの優れた視角を紹介したい。

    まず、revolutionという英語に注目したい。地動説を説いたニコラウス・コペルニクスの主著『天球の回転について』はラテン語でDe Revolutionibus Orbium Coelestiumであることからわかるように、revolutionはもともと天文学上の用語であり、循環する周期的運動を表していた。ゆえに、この言葉は一年後に同じ場所に戻ってくる天体の回転というイメージを踏まえた「復古」という意味を強くもっていたと、アーレントは主張している。革命という言葉が復古的な意味合いで最初に政治上使用されたのは、クロムウェルによるピューリタン革命(一六四一~一六四九年)のときではなく、一六六〇年に君主政が復古したときであり、一六八八年の名誉革命でスチュアート家が追放され、王権がウィリアムとメアリーに移ったときにも革命が使われた。

    革命はやがて、天体の回転というイメージが喚起するように、抵抗できず、抗いがたいという「不可抗力性の概念」をもつようになる。フランス革命は圧倒的な力で押し流されていく貧民の悲惨を伴っていたのである。

    この復古と不可抗力という二つの意味合いが革命の前半と後半に対応関係をもっている。革命前半においては復古を求めるのであり、革命後半では、不可抗力に抗いながらも新しい「はじまり」を創設するための「権威」や「絶対者」が希求されることになる。これが一九一七年のロシア革命においては、二月革命、十月革命というかたちで革命の前半と後半として実践されたことになる。

    二つの「自由」および「はじまり=原理」

    アーレントにとっての革命は、この復古と不可抗力を背後にもった近代固有の現象であり、彼女にとって革命は、「自由」の観念と「はじまり」の経験とが同時に起きる(一致する)現象であるという。「自由」には、リバティー(liberty)とフリーダム(freedom)の二つがある。前者は「不正な拘束からの自由」といった「~の自由」という「解放の結果」を指している。日本語の「自由」は「自らに由る」に由来している以上、リバティー概念に近い。後者は「公的関係への参加、あるいは公的領域への加入」を意味している。いわば、「公的自由」を意味し、言論行為に代表される政治参加に不可分の概念ということになる。アーレントはとくに後者を重視していた。なぜなら、フリーダムこそ共和政を構成する精神であったからである。

    他方で、「はじまり」の経験という厄介な概念をアーレントは提起している。「はじまり」とは、「自由の創設」を意味し、公的領域の創設に参加することを指している。ここで重要なことは、「はじまり」というラテン語"principium"が原理(principle)と分かちがたく関連している点だ。ギリシャ語の「はじまり」を表すアルケー(ἀρχή)は原理という意味ももっているが、公的領域の「はじまり」はやがて記憶や回想の対象となり、伝統や慣習、さらに宗教などに転化され、権威づくりに一役買う。「はじまり」と結びつくことで「原理」が形成されることになる。つまり、「はじまり=原理」なのである。ゆえに、「はじまり」はきわめて重要な意義を有している。

    「はじまり=原理」と言葉

    革命と呼ばれるには、この「はじまり=原理」を伴うことが不可欠の条件である。これが、いかに重要であるかは言語に明白に現れる。新しい原理は新しい言葉を生み出したり、意味の変容を引き起こしたりするのだ。本書では、この問題を詳述するだけの紙幅はないが、こうした言葉の変化に注目すれば、国家の興亡といった大きな変革の深度を計量化することも可能であると筆者は考えている。その典型が「ソヴィエト」という聞きなれない言葉だ。すでに説明したように、ロシア帝政時代にはせいぜい「相談」や「助言」を意味するだけであった「ソヴィエト」はいつの間にか「相談し助言し合う寄り合い」に転じ、さらに、一種の合議体や自治組織を意味するようになる。一説には、一九〇五年の「第一次革命」のときに生まれたもので、ロシアの総体主義の伝統に根ざしているという(Radzinsky, 1996=1996, 上, p. 146)。果ては国家の名前にも使われるまでになる。これは、言語の進化が「カンブリア爆発」という節足動物、軟体動物、棘皮動物の出現と同じように比較的短期間に劇的な変化として起きる証ともなっている(Mesoudi, 2011=2016, p. 181)。

    どうしてこんな話を紹介したかというと、筆者の仲人、宮沢俊一が語った言葉が懐かしく思い出されるからである。彼は、ソ連崩壊後、ボリス・エリツィン大統領の時代になって、「新聞を読んでも意味がわからない」と言っていた。要するに、ソ連がなくなって、それまでのロシア語の言葉遣いが大幅に刷新され、ロシア語の新聞を読んでいても理解できないというのだ。筆者は彼ほどロシア語が堪能ではないから、そんな変化には気づかなかったが、たぶん多くのロシア人は新たな「はじまり=原理」の到来を感じていたに違いない。「同志」を意味する「タヴァーリシ」という言葉が死語と化したことは有名だが、ほかにも、「労働」を連想させる「トルードナ」(難しい)という言葉は極端に使用されなくなり、「スロージナ」という言葉がこれに代替した。このように、言語からロシア革命そのものを徹底的に計量的に洗い直すといった作業が求められていると指摘しておきたい。

    職業的革命家の役割

    ここで、革命が「自由」の観念と「はじまり」の経験が一致する現象であるとする、アーレントの革命論に寄り添うと、これまであまり語られてこなかったロシア革命の本質とその歪曲がはっきりとみえてくる。

    革命の前半において、それまでの権力が倒れるとき、そこに権力の真空状態が生じる。それを埋めるものとして、歴史的事実として「評議会」なるものがいずれの革命でも自発的に発生してきた。問題は、この動きを「自由」の確立や「はじまり」の経験にどういかすかということであった。このとき、重要な役割を果たしたのが職業的革命家ということになる。

    「職業的革命家の役割は、このように普通、革命をおこなうことにあるのではなく、革命が起こったあとで権力につくことにある」と、アーレントは『革命について』のなかで喝破している。いずれの革命においても現実に起きたのは、古い権力が解体し、暴力手段に対するコントロールが失われたことであった。その権力の真空地帯に新しい権力構造が形成されたわけだ。この際の権力闘争において職業的革命家は有利な立場にあった。なぜかというと、有名人であったからにすぎない。問題なのは、その理論ではなく、彼らの名前が公に知られているということであった。すでに投獄されたり、お尋ね者扱いされたりして、有名であった彼らは人々への絶大な影響力をもっていたのである。

    やや脱線すると、現在の有名人も同じようなものだ。その能力とはまったく無関係に、性懲りもなくテレビに出たり、たくさんの本を書いたりして有名人となった連中は、その影響力においておぞましい力をもつ。彼らの化けの皮を剥ぐことも大切だが、有名人に騙されない見識を養うことも大切になる。ロシア革命に関連づけて紹介しておくと、バーナード・ショーという、脚本家、劇作家として有名な英国人が飢饉たけなわの一九三一年にソ連を訪問し、「飢饉の噂は作り話である」と語った。彼は社会主義者であり、優生学の信奉者でもあったのだが、有名人というだけではすまないほど、その責任は重大なのである。

    自発的に発生した「評議会」

    アーレントによれば、実際の歴史をみると、一七八九年のフランス革命後に生まれたパリのコミューン(一八七一年のパリ・コミューンとは別)、アメリカ革命時のニューイングランドに現れた郡区(タウンシップ)は評議会の実例である。一八七〇年にプロシア軍によってパリが包囲された際、自発的に評議会が組織され、小型の連邦体が創成され、翌年春、パリ・コミューン政府の核となった。これも評議会である。いずれの評議会も自発的に発生した統治機関(活動と秩序の機関)という特徴をもつ。

    ロシアの場合、一九〇五年、血の日曜日事件後の自発的なストライキの波が、あらゆる革命的党派とは別に、急激にこれらストライキにかかわる人々の政治的リーダーシップを発展させた。それが労働者や兵士による評議会(「ソヴィエト」と呼ばれた)を組織するに至る。この経験があったために一九一七年の二月革命時、さまざまのソヴィエトが自発的に出現したのは当たり前のことと受け取られた。レーニンは十月革命時の十月二十五~二十六日の第二回全ロシア・ソヴィエト大会で、「全権力をソヴィエトに」(Вся власть Советам!)という、「四月テーゼ」で打ち出されていたスローガンを文書として採択し、「ソヴィエトの国」をつくると宣言したわけだ。この際、ソヴィエトは複数形をとっており、単一の全国ソヴィエトへの権力の集中が想定されていたわけではないことに留意しなければならない。

    第一次世界大戦で敗れたドイツでは、軍隊の敗北後、兵士と労働者が公然と反乱を起こし、労働者(アルバイター・)兵士(ウント・ゾルダーテン)評議会(・レーテ)を構成した。彼らは、一九一九年春、ミュンヘンに短命に終わったバヴァリア・レーテ共和国を樹立した。一九五六年のハンガリー革命時には、ブダペストに居住区で地域的な評議会、カフェで芸術家の評議会、大学で学生・青年評議会、工場で労働者評議会など、各種評議会が自発的に生まれた。その後、上級評議会の創設へとつながり、地域的・地方的性格の上級評議会から全国を代表する会議の代議員を選出するに至る。これはロシアにおけるソヴィエトの創成と連帯に要した数週間に比べて数日という短期間に実現された。

    潰された評議会

    ここで示した評議会こそ、「自由」の観念と「はじまり」の経験が一致する場となったのだ。しかし、いずれも潰される。大雑把に言えば、市評議会のような性格をもったパリのコミューンは、当時、雨後の筍のように創成しつつあったクラブや協会とともに、これらを擁護するかのような態度をとったマクシミリアン・ロビスピエールが権力を握るやすぐに弾圧の憂き目にあった。これはそののち、ロシアのレーニンがソヴィエトを称揚しながら、権力奪取後にソヴィエトがボリシェヴィキによって凌駕されてしまったことに対応している。

    ロシアが厄介だったのは、ソヴィエトを潰しておきながらそれを乗っ取ったボリシェヴィキがソヴィエトを僭称してソヴィエト社会主義共和国連邦(ソ連)なる国までつくってしまったことである(地名を無視したこの国名は地名を超えて広がる文化圏を企図している)。ソヴィエトとは名ばかりのボリシェヴィキによる国家の誕生で、ロシア革命の本質が隠され、一九九一年にソ連が崩壊するまで、その化けの皮をはがすのはなかなか難しかったのだ。
    なお、ニューイングランドの郡区(タウンミーティングという直接的方法で自治を行う形態)を憲法に取り入れようとしたトーマス・ジェファーソンだったが、これに失敗したことで、この評議会はアメリカ全土に広がる機会を失した。

    いずれにしても、革命の「はじまり」において重要な役割を果たした評議会が事実上、潰されたフランスやロシアでは、公的参加といったフリーダムや束縛からの自由(リバティー)が大幅に制限されたことになる。アメリカの場合、評議会が潰されたわけでないという点で相対的にはもっともフリーダムやリバティーが損なわれずに済んだと言えるかもしれない。

    「革命」からみたロシア革命の本質

    第一節の記述からわかるように、「革命」部分に注目すると、ロシア革命がその「はじまり」において、ソヴィエトという評議会を換骨奪胎した結果、「自由」を制限する方向に向かったことがわかる。フランス革命もよく似た結果をもたらした。フランスの場合、相次ぐ権力の転変のなかで「自由」を取り戻す方向に向かったのに対して、ロシアは政権を奪取した側が長くその権力を維持・強化する方向に向かってしまったという違いがある。

    ここで、アーレントの叙述をもとに、レーニンが「十月革命の本質と目的」を一言でのべるように求められたとき、「電化・プラス・ソヴィエト」と答えたという話を紹介したい。これはアーレントの『革命について』に出てくる話だが、その出所ははっきりしない。

    レフ・トロツキーが一九三六年に書いた『ソ連とは何か、そこに行こうとしているか』(邦訳『裏切られた革命』)には、つぎのような記述がある(邦訳一九九二年、八九頁)。
    「かつてレーニンは「ソヴェト(マ マ)権力プラス電化」ということばで社会主義の特徴を示した。この辛辣な規定--その一面性は当時の宣伝上の目的から生じたものだが--は、ともかく、最小限の出発点として少なくとも資本主義の電化水準を想定していた。ところがソ連では今日なおひとりあたりの電力は先進諸国の三分の一である。その間にソヴェト組織が大衆から独立した機構に席をゆずりわたしたことを考えに入れるなら、コミンテルンとしては、社会主義とは官僚権力プラス三分の一の資本主義的電化のことだと宣言するほかない。」

    どうやら「電化・プラス・ソヴィエト」のような言い回しをレーニンがしたのは事実であったらしい。ロシアのレーニン全集(第四二巻)には、一九二〇年十二月二十二日の全ロ中央執行委員会および内外政策人民委員(コミッサール)ソヴィエト報告のなかで、レーニンが「共産主義、これをソヴィエト権力プラス全国電化である」とのべたとされている。このときのソヴィエト権力は単数形で語られている。十月革命当初、複数のソヴィエトがそれぞれ権力を集中するという原則が早くもこの段階で崩れているように思われる。

    いずれにしても、レーニンが電化とソヴィエトをきわめて重視していたのは事実であろう。なぜかと言えば、貧困を除去すること(電化)と政治的自由(ソヴィエト)の二つがレーニンの革命時の「はじまり」における最大関心事であったからである。形式的には、「電化とソヴィエトを二つながら促進することができるのはボリシェヴィキ党だけである」と、レーニンは決定した。ただ潜在的には、彼は、自由の新しい制度となりえたソヴィエトとともに、国の合理的、非イデオロギー的な経済発展の可能性を放棄したことになる。自由の新しい制度たるソヴィエトを党のために犠牲にしたのであり、電化は国力を集中すれば可能かもしれないが、それは貧民を解放することを意味しなかった。

    これまで説明してきたように、「革命」部分に注意すればロシア革命が相対化される。だが、政権を握った勢力が国内はもとより海外にまで宣伝活動を繰り広げたため、その実態は長くベールに覆われてしまった。ソヴィエトへの弾圧についての歴史が軽視され、結果として、その弾圧を主導した秘密警察の広範囲にわたるロシア社会への影響拡大という側面があまり知られていないままになっている(この問題は第2章で検討する)。他方で、「初の社会主義革命」なるロシア革命の「原理」は、社会主義というイデオロギーと結びついて、ロシア革命の本質を理解する妨げとなってきた。政権を握った側の「歴史の捏造」とイデオロギーの強制がロシア革命への理解を歪めてきたのである。

    タグ
    歴史, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント