15:42 2018年07月16日
赤広場にてメーデーのデモ行進赤広場にてメーデーのデモ行進

ロシア風ゴールデンウィークまたは、おそロシアのおそい春

© Sputnik / Ilya Pitalev © Sputnik / Maxim Blinov
1 / 2
短縮 URL
0 40

毎年、5月の開始を待ちかねています。「どうして?」と皆さん思われるでしょうね。 だって5月がやってきた途端、木々はたった一日で一気に緑色に変わってしまい、私たちは厚いコートから一直線にT-シャツに着替えるんですよ。窓を開けたら、外はすべてが緑の新芽の色に煙っていて、鳥が鳴いています。

それが5月なんです。

それにロシアのカレンダーでは5月の第一週には小さいバカンスがあるんです。今年、私たちはこのバカンスの一分を4月29日から5月1日まで休んできました。暑くて晴れていました。

何故かすぐに、子供の頃から慣れ親しんでいる思い出が頭に浮かびました。

小さい私がちっちゃい赤旗をかけています。隣にはプレゼントと赤い気球をかけているおじいさん。二人でパレードに行ってます。温かい思い出で。。

今年、朝にメーデー(春と労働を祝う日)デモ行進がテレビで放送され、うちの家族はいつも家族そろって公園に散歩に行ってきました。

赤広場にてメーデーのデモ行進
© Sputnik / Ilya Pitalev
赤広場にてメーデーのデモ行進

この時期、多くの人々がダーチャー(ロシア人のセカンドハウス)に行きます。ダーシャには行かず、モスクワにとどまることにした人は公園に行って子供向け、大人向けの様々なイベントに参加したり、森へバーベキューをしにでかけます。

祝日の第2部はこの5月6日からスタート。ロシアで「勝利の日」(1941年~1945年の大祖国戦争で、対ナチス・ドイツ戦勝記念日)の祝いに関連し、私たちは休日の4日間が与えられました! 9日の朝、その記念に祝意を表するため美しく華やかなパレードが赤広場で催されます。

全ロシア展示センターVDNH
© 写真 : Lyudmila Omelchenko
全ロシア展示センターVDNH

そこに間に合うのかな。9日は本当に 多くの人々が赤広場のパレードを見にくるので混雑は避けようがありません。パレードの後で今度はみんな公園へと繰り出します。公園ではこの日を記念したイベントが開催されており、人々はソ連時代の歌を聴きながら、一緒に踊ったり、笑ったり、遊んだり、そのころの戦争体験を聞きながら涙を流したりします。そして残念ながらもうとても少なくなられましたが、当時を知る戦争功労者たちに誰彼となく花を差し出し、彼らの子供たちと孫たちが今、平和な生活を謳歌し、青空を見あげることができた幸せを感謝します。

次の4日間連続休日をいつも通りに楽しく過ごせるといいな。

リュドミーラ・オメルチェンコ

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント