23:22 2017年12月18日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    小麦畑

    ドイツのクラアス社、ロシアの工場に1億2000万ユーロの投資

    © Sputnik/ Yuriy Kaver
    経済
    短縮 URL
    0 40

    独農機メーカー「クラアス」がロシアに第2工場開設へ。1億2千ユーロの投資、年内にも完了。雇用創出は最低でも2千5百人。

    ドイツの農業技術メイカーであるクラアス社は、2015年秋、ロシアに第二の工場を開設する。リアノーヴォスチ通信が、ロシア・クラアスの総代表ラリファ・ベンディシャ氏のコメントを引用して報じた。

    「わが社は10月後半クラスノダールに工場を設置する。1億2000万ユーロが計画に必要な資金だが、この額は年内に投資が完了するだろう。わが社にとってとても巨大な投資だ」と総代表はコメントした。

    また、2500人の新たな雇用創出についても総代表は述べているが、この数は5000人に上る可能性もある。

    クラアス社のロシアにおける最初の投資は、年間1000台のコンバインを生産するクラスノダールの工場だった。2005年当時の投資額は、総額2000万ユーロだった。

    クラアスグループは、コンバインからトラクターにいたる多様な農業機械のメーカーとして、世界的に有名な会社である。

    タグ
    投資, ドイツ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント