02:43 2018年09月20日
魚

ロシア 「フクシマ」での事故後に導入した日本の魚に対する輸入規制緩和の可能性

© Sputnik / Igor Zarembo
経済
短縮 URL
0 22

ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督局は、「フクシマ」での事故後に導入した日本の魚に対する輸入規制を緩和する可能性がある。

ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督局が、日本の関係省庁との2か国会合を総括して発表した。

会合では、大型有角獣と小型有角獣の肉、食肉加工品のロシアから日本への輸出の可能性についても協議された。

ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督局の声明によると、2015年5月にパリで開催される国際獣疫事務局の総会の場で、日本とロシアの獣医局の合同協議が開かれる可能性があるという。

ロシア連邦消費者権利保護・福祉監督局は2011年4月6日、放射能汚染の危険から、ロシアへ魚を供給することが認められている日本の525社のうち242社からの魚の輸入を規制した。

規制された全ての会社は、福島第1原子力発電所の近くに位置している。

 

タグ
露日関係, 食品, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント