00:20 2018年06月26日
トヨタ

トヨタ自動車ロシア、2016年の生産拡大計画を維持

© Sputnik / Владимир Астапкович
経済
短縮 URL
0 50

トヨタ自動車はペテルブルグ郊外の組立工場での生産拡大および2016年までにさらに800人の人員拡大計画を維持している。トヨタモーター・マニファクチュアリングの松永 良典社長が記者会見で明らかにした。

現在、同工場の職員数は1800人以上。工場は2007年12月の稼動以来、トヨタ・カムリの生産を行なっている。
松永社長は、「年末までに新モデル生産のプラント設置を終了し、RAV4生産開始とともに、さらに800人を雇用する」と表明。
松永社長は、2015年末までに同工場の生産能力を現在の5万台から10万台へと2倍に増やす計画を指摘。生産のローカリゼーションのレベルは現在30%。

 

 

関連:

ロシア自動車市場に多少の ブレーキ、だが停止にあらず
タグ
露日関係, 自動車, トヨタ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント