04:48 2017年12月13日
東京+ 4°C
モスクワ+ 1°C
    オバマ大統領「世界経済の規則を書くべきなのは米国であり中国ではない」

    オバマ大統領「世界経済の規則を書くべきなのは米国であり中国ではない」

    © AP Photo/ Evan Vucci
    経済
    短縮 URL
    アジアインフラ投資銀行 (18)
    0 332

    米国のオバマ大統領は、議会あての特別書簡の中で「世界経済の数々の規則を書くべきなのは米国であって、中国ではない」と述べた。この書簡の中では、環太平洋経済連携協定(TPP)締結に向けホワイトハウスに与えられた権限についての問題が検討されている。

    先に議会の共和、民主両党は、大統領に特別の貿易権限(fast track)を付与する法案を提出した。もしそれが採択された場合、米行政府は、貿易合意を締結する事ができるようになり、議会の権限は、修正を加えず、それを承認するか、あるいは拒否するだけとなる。

    ホワイトハウスは、そうした権限を、世界経済の40%、世界貿易の三分の一を占める環太平洋諸国間の貿易障壁を取り除くために利用したいと期待している。木曜日、法案は、上下両院の関連委員会の指導者らにより承認された。

    オバマ大統領は「我が国の潜在的購買者の95%が、米国外に住んでいることを念頭に置けば、我々は、グローバル経済のためのルールを作るのは米国であり、中国のごとき国ではないと確信すべきである」と指摘した。

    トピック
    アジアインフラ投資銀行 (18)
    タグ
    TPP, バラク・オバマ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント