15:48 2018年06月19日
ガスプロム、「トルコ・ストリーム」

「トルコ・ストリーム」への西側の姿勢は非論理的

© Sputnik / Sergei Guneev
経済
短縮 URL
0 121

トルコのタネル・ユルトゥズ・エネルギー天然資源相は、ラジオ「スプートニク」からのインタビューに答えた中でガスパイプライン「トルコ・ストリーム」の実現化に対する西側の姿勢は不可解と語った。

ロシアの「ガスプロム」社とトルコの「バタス1」社は2014年12月1日、ロシアから黒海を通りトルコへ年間630億立方メートルのガスを輸送するパイプラインの敷設について相互理解に関するメモランダムに調印した。パイプラインは全長およそ1100キロ。トルコとギリシャの国境まで敷設され、ここからさらに西側に470億立方メートルのガスを送る。新ガスパイプラインについての政府間合意は2015年第2四半期にも調印され、ガスの輸送開始は2016年の12月に狙いがつけられた。

ユルトゥズ・エネルギー相はラジオ「スプートニク」からのインタビューに答えたなかで、西側がこのプロジェクトの実現に反対する姿勢を示しながら、一方でプロジェクトの枠内でガスを購入する意向を表している事実に注意を喚起し、一貫性、論理性を欠く立場と批判した。

 

 

関連:

ギリシャ政府:「トルコ・ストリーム」をめぐるロシアとの交渉、終結へ
マケドニア、「トルコ・ストリーム」を支持したためにマイダンを画策される
リビア沖でトルコの貨物船が攻撃を受ける トルコ外務省は非難を表明
タグ
ガスプロム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント