07:33 2020年09月27日
経済
短縮 URL
ウクライナ危機 (347)
0 153
でフォローする

ロシア産ガスを提示された価格で購入することを拒否したウクライナ政府は、欧州からガスを逆輸入するための資金不足のために、袋小路に陥った。ウクライナのエネルギー問題の専門家ヴァレンチン・ゼムリャンスキー氏は、このような考えを表している。

ロシア政府は、ウクライナ向けの第3四半期のガス供給料金を、契約価格からおよそ40パーセント割引することを決めた。その結果、割引後の第3四半期のウクライナ向けロシア産ガスの価格は、1000立方メートルあたり247ドル超となった。しかしウクライナは、この価格に不満だった。ウクライナのデムチシナ・エネルギー石炭産業相によると、割引を考慮した価格は、1000立方メートルあたり205-207ドルでなければならないという。

そしてウクライナは今、財政難によって、冬をガスなしで過ごす恐れがある。ウクライナの新聞「ヴェスチ」が報じた。

ゼムリャンスキー氏によると、ウクライナはロシア産ガスの購入を拒否した後、欧州からの逆輸入を当てにする可能性があるという。しかし、その資金はどこから得るのか?そんな資金はない。ゼムリャンスキー氏は、残念ながら欧州は、ウクライナ政府が欧州に財政プランを提示しなかったため、ウクライナに資金を与えないことを確認した、と指摘している。ゼムリャンスキー氏は、「私たちは今のところ袋小路に陥ったままだ。お金はない。唯一の解決策は、ガスをトランジットから抜き取ること。乱暴に言えば、盗むということだ」と語った。

トピック
ウクライナ危機 (347)
タグ
ガス, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント