07:20 2018年07月21日
ギリシャ首相、国民投票で投票

ギリシャ首相、国民投票で投票

© REUTERS / Christian Hartmann
経済
短縮 URL
0 131

ギリシャの民衆は債務問題について自らの意見を表明し、ギリシャがユーロ圏に対してどのような立場を取るかを決める決意に溢れている。ギリシャのツィプラス首相が述べた。

ギリシャで7月5日、同国にとって極めて重要な問題を決定する国民投票が始まった。
© REUTERS / Jean-Paul Pelissier
「自らの運命を自らの手で掴む民衆の決意を無視することは誰にも出来ない」。アテネ市内の投票所で投票を済ませた首相が述べた。

現地時の朝7時(モスクワ時でも7時)、ギリシャで国民投票が始まった。IMF、欧州中央銀行、ユーロ委員会の三者がギリシャに対して行った提案を受け入れることの是非を問うものだ。具体的には、上記三者が6月25日のユーログループ会議で提示した合意案を、ギリシャ国民が受け入れるか否かが問われる。

投票は現地時の19時に終わる。結果の中間報告は21時ごろ上がることになっている。有権者総数は1000万人。高い投票率が見込まれる。

関連:

ギリシャ:国の運命を決める国民投票を前に今日は「静寂の日」
欧州金融安定ファシリティ ギリシャの技術的デフォルトを確認
ギリシャ首相:国民投票では、ユーロ圏離脱の是非は問わない
ギリシャ国民投票:結果の予測は困難、その先を予測することはさらに困難
プーチン大統領とBRICSがギリシャを救いうる
タグ
ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント