03:38 2020年09月23日
経済
短縮 URL
0 81
でフォローする

不動産価格が急落したギリシャでロシア人投資家らが「デラックス」級の高級住宅を積極的に買い漁っている。独のビルド紙が報じた。

ビルド紙によれば、今年になってロシア人バイヤーの数が2倍に増えている。

「2年ほど前であればシロス島のヴィラは160万ユーロの値打ちがあったが、今や80万ユーロまで落ち込んでる。」ビルド紙は地元の不動産仲立人のイザベル・ラジ氏の発言を引用して報じている。

ビルド紙によればギリシャでは2009年からデラックス級のヴィラの価格がほぼ半分に急落。ミドルクラスのヴィラでも30%値下がりしている。

ビルド紙によれば、ギリシャ人、ロシア人の不動産仲立人に行った世論調査では、ロシア人投資家の買い漁りの狙いは資金のプールと昨年急落したルーブルの現物交換にある。

ロシア人投資家はアテネ郊外、ハルキディキ島、クレタ島で不動産を買う傾向がある。670平方メートルの敷地で海を臨む場所で200万ユーロで購入が可能。

 

 

関連:

ギリシャ、ユーロ圏に残る意向をEUに確認
ツィプラス首相、ギリシャには「トンネルの果てに光」が見える合意が必要
ツィプラス首相の兄弟、ギオルゴス・ツィプラス外務省国際経済問題担当、合意なければギリシャのみならず、国際経済にも害
中国はギリシャをEUと一対一で向き合わせはしない
タグ
ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント