20:16 2018年10月16日
ウラジオストク

ウラジオストクに沿海地方と秋田県のビジネスマン集合

© Fotolia / Slavafriend
経済
短縮 URL
0 111

「沿海地方と秋田県間の協力発展の展望」と題されたビジネス-フォーラムが、50人以上の日本の実業界の代表が参加して13日ウラジオストクで開幕した。地元行政府が伝えた。

開会を前に出されたメッセージの中では「プリモーリエ(沿海地方)と秋田の関係は、すでに大分以前から発展してきているが、今のところ、科学・学術・教育・文化交流といった人道的性格に留まっている。投資協力や貿易分野にある潜在的可能性が、完全に実現しているとは言い難い。これから開かれるフォーラムは、そうした課題の解決を目指し、それに貢献するためのものだ」と述べられている。

沿海地方当局は、フォーラムにロシア側から約150人、日本からは50人以上の実業界の代表者が参加すると見込んでおり、彼らのためにフォーラム後に特別の会合や行事を準備している。それには沿海地方のウラジーミル・ミクルシェフスキイ知事や秋田県の佐竹敬久(ノリヒサ)知事も出席する予定だ。

タグ
露日関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント