05:03 2019年11月22日
ギリシャ議会、債権獲得に必須の法案を採択

ギリシャ議会、債権獲得に必須の法案を採択

© AFP 2019 / Aris Messinis
経済
短縮 URL
ギリシャ:ユーロ圏離脱ならどうなる? (71)
0 15
でフォローする

ギリシャ議会では、「欧州安定メカニズム(ESM)と交渉し、合意締結を行なうための緊急措置」法案が過半数票を得て通過した。この法案の採択はギリシャの銀行への流動性支援を再開し、ギリシャ経済救済支援の新プログラムを開始する条件となっている。

議員数300人のうち229人が賛成し、反対に票を投じたのは64人、棄権が6人だった。

法案には与党連合「急進左派連合」と「独立ギリシャ人」党の議員の大多数が賛成したほか、野党の「新民主主義党」、「ポタミ」、「全ギリシャ社会主義運動」も支持を示した。逆に異議を唱えたのは「ギリシャ共産党」と極右政党の「黄金の夜明け」。

同法案に関しては先にツィプラス首相は議員らに採択を呼びかけていた。ツィプラス首相は、ギリシャは今危機的事態にあることから、議員らは責任を理解し、債権者との合意を支持せねばならないとの声明を表していた。

「私は全ての責任を引き受ける。だが我々が国民のために闘ったということを私は誇りに思う。この闘いは実を結ぶ。」

法案審議はギリシャの労働組合、左翼組織の抵抗運動を招き、議会の建物脇で行なわれたデモでは警察との衝突にまで発展した。デモ参加者は警官らに対して火炎瓶や発炎筒を投げつけ、警察もこれに催涙ガスや閃光弾で応戦した。

7月5日、ギリシャで行われた国民投票では61%の国民が欧州の債権者らの要求に反対票を投じている。

 

トピック
ギリシャ:ユーロ圏離脱ならどうなる? (71)

関連:

ヤツェニュク首相「ギリシャのせいでEUはウクライナに顔を向けていない」
ロシアの議員ら、プーチン大統領にギリシャからの農作物輸入禁止措置解除を求める
「ミセス・ワタナベ」はいかにギリシャをデフォルトから救ったか
タグ
欧州, ユーロ圏, ギリシャ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント