23:26 2017年09月26日
東京+ 24°C
モスクワ+ 13°C
    メドベージェフ首相、クリル諸島における優先発展特区創設の可能性を示唆

    メドヴェージェフ首相、クリル諸島における優先発展特区創設の可能性を示唆

    © Sputnik/ Vladimir Fedorenko
    経済
    短縮 URL
    0 43362

    ロシアのメドヴェージェフ首相は、クリル諸島に優先発展特区を創設するという可能性を示唆した。また首相は、「クリル諸島においては、この地域全体で我々が遂行する、発展を促進する組織的な仕事を普及させるべきだ。今後実施されることになるプロジェクトによっては、クリル諸島では優先発展特区を検討してもよい」と、連邦目的別プログラム「2016年―2025年におけるクリル諸島社会・経済発展計画」を審議する政府会議にて発言した。

    また、首相は次のようにも述べた。

    「10年間分のプログラムの予算はおよそ700億ルーブル、そのうち280億ルーブルは連邦からの予算だ。このプログラムの枠内で、どのような方向性で内容が組まれるかということだが、第一には、サハリン、クリル諸島間、カムチャッカ、そして大陸との定期的な旅客と貨物の往来を可能にすることだ。天候条件によって空路や海路での通行・輸送が大きく左右されることを考慮すれば、これは真っ先に取り組まなければならない課題の一つだ。このためにはヘリコプターの発着場と船着き場を修繕し、港湾施設を再建し、そしてもちろん、自動車道路も作り直さなくてはならない」

    関連:

    メドヴェージェフ首相 クリルを訪問する予定だと発表
    タグ
    露日関係, 領土問題, ドミートリー・メドヴェージェフ, クリル諸島, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント